「夢」は叶う 秘訣5

「夢」は叶う

昨日の『「夢」を持つ力』に引き続き、
多くの人にこのブログをお読みいただき、
嬉しい限りです。ありがとうございます。

今日は、その夢の持つ力を叶えるための
具体的ないくつかの方法を示していきたいと思います。

「夢」は叶えるもの

まず、
夢は自然に降っては来ません。
夢を作るものです。
夢に向かうものです。
夢は叶えるものです。

この事をしっかりと認識しておきましょう。

”なんか良いことないかなぁ。”
”いつか良いことが起きるだろう。”
”幸運のチャンスが来たらやってみよう。”

なんて、思っている人はいませんか?
甘いです。
社会はそんなに甘くはありません。
一生来ません。一生待っていてください。

夢は待っていても来ない

せっかく夢を持っても、
大半が夢を叶えられないのは、
その認識が甘いからなのです。

”待っていても一生来ない。”
つまり、
夢は見るものでも待つものでもなく、
自ら夢を叶えるために生きるのです。

そこまで分かれば、あとは「夢への道を進むのみ!!」です。

夢への道を進むために

1・「夢」をはっきりさせる。

「夢」を自らにバンッと貼り付けるようなイメージです。
夢ができたら、自分の常に見えるよう具現化し、見える化にすると、
どんな時もその精神が宿り、どんな時もその夢に向かい、夢へ進もうと意識します。
例えば、
ベッドの上の天井に、大きく夢を書き貼り出す。
毎日座る勉強机に、大きく夢を書き貼り出す。
毎日持ち歩くスマホのトップ画面に、大きく夢を書き貼り出す。

2・「夢」を叶える為に何が必要か?

「夢」を見ている場合ではありません。
「夢」を絶対に自分が叶えるのです。
その為には、実際、何が必要なのか?
例えば、
お金なのか?お金であればどの位必要なのか?
勉強なのか?勉強であればどの位必要なのか?
技術なのか?技術であればどの位必要なのか?
人脈なのか?人脈であればどの位必要なのか?
実際、問題何が必要かが分かれば、対策が取れるのです。

3・具体的に計画する

必要なものが分かった今、
その必要なものを揃えていけば、夢へ向かいます。
できるだけ具体的に、
いつまでに、誰が、何処で、何を、どのように、という5要素を明記しましょう。
例えば、
表に、しっかりと5要素を明記する。
スケジュール帳のように期限を決めても良いですし、
1日1日の行動目標を決めても良いです。

4・自分に言い聞かせる

夢の計画が出来たら、
あとは自分を信じられるか信じられないかだけです。
プロ野球選手も、弁護士も、ダンサーも、パイロットも、政治家も、
自分を信じて夢に向かったからなれたのです。
多くの人は、少しの障害や困難や壁が現れて、
自分を信じられなくなり、止めてしまうから、
その時点で夢を諦めてしまうのです。

自分に言い聞かせるのです。
「絶対やってみせる!」
「必ず乗り越えてみせる!」
「自分にはその力がある!」
例えば、
自己暗示をかけるのと同じです。
毎日、声に出してみる。
朝、心の中で夢を自分に言い聞かせるのも効果ありです。

5・「夢」へ向かう

”まずやってみる。”
簡単なことです。

これができない人は夢を叶えることができません。
成功するかどうか?できるのかどうか?
そんなのは実際、やってみないと分かりません。
最初の第1歩を踏み出すのか踏み出さないのか?
一体、やるのかやらないのか?

やるのはあなたです。
絶対にあきらめずに最後までやり尽くすのです!

障害や壁は付きものです。
乗り越えていく勇気を持って、
今すぐ、あなたは夢へ向かうのです!
例えば、
今、立ち上がりましょう!
今、夢を書き出しましょう!
今、何でも良いからやってみましょう!

新たな生き方の道を探す

このブログは、真の生き方や人生について、
深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、
幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、
『 真の生き方 〜 True Life Style トゥルーライフスタイル 〜 』
を贈っています。

〜 今日の贈る言葉 〜

「夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。
故に、夢なき者に成功なし。」

吉田松陰(幕末の長州藩士、思想家、教育者、明治維新の精神的指導者 / 1830~1859)

「さあ、
勇気と自信を持って、
あなただけの人生です。
一生に一回だけの人生です。

夢は叶う。健闘を祈ります!
DREAMS COME TRUE」

TRUE



業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH



ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログを始めたきっかけは、 私自身、 人生の中で山あり谷あり、 様々な経験をしてきた中で、 「同じような時、生き方を教えたい」と。 最初は、自分の息子や家族に。と思い、 「人生の生き方」について、アドバイスや参考として 伝える事が出来れば、と書き始めたのが、最初のきっかけです。    今もその想いは変わらず、 教えたい。助けたい。生かしたい。 世の為、人の為に役に立てる事ができれば。 そう想って、思いを巡らし、調べ、伝え、自分自身も勉強し、 『真の生き方 〜True Life Styleトゥルーライフスタイル〜』 を書いています。    真の生き方や人生について、 深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、 幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、 『 真の生き方 〜 True Life Style 〜 』 を贈ります。