平等と不平等

平等と不平等

比較の心

人は心が狭くなると
人と比べたくなります。

比較し、自分に無いものを欲し、その無いものを悲観し、妬みや批判をします。
「平等では無いのでは?」
「不平等ではないか!」
「あの人ばかり良い想いをして!」

自分の努力や能力はさておいて、
平等でない事に腹を立ててしまいます。

どうなのでしょう?

そもそも平等とはなんなのでしょうか?

皆一緒が良い事なのでしょうか?

人間は生まれた時点で、
環境や境遇も違いますし、持っているものも考え方も人生も違います。

性別、肌の色、国籍、言語、身長、体重、血液型、
家庭の事情、頭の良し悪し、顔の良し悪し、スポーツ出来の良し悪し、、、。
全て違いますよね。
皆同じではないのです。

平等はこの世にはありえない

社会主義の中でなら給料平等ですよ。家も一緒ですよ・・・。
という事にもなるのかもしれませんが、それでも競争はあります。
資本主義の中で平等では、社会が成り立ちません。
資本主義社会で生まれた時点で、
” 競争し、強いものが勝つ ”
のは当たり前だと認識しなくてはなりません。

こういう事を言うと嫌な目で見られる事は必至ですが、
理想と現実は違います。
はっきりと言ってしまうと、
勝つのか負けるのか
の社会に生きていると認識すべきだと言う事です。

社会は競争で成り立っている

お遊戯会の主役決めも、運動会の徒競走も、学級委員選びも、生徒会長も、学校の成績も、コンクールも、全国大会も高校野球も、受験も、選挙戦も、会社の昇進昇格も世界の経済競争もオリンピックも、愛すらも、
全て競争の社会で成り立っています。

競争があるから、成長がある。
競争し、
平等から抜け出し、
高みを目指し、
望みを確立するから、
人間も社会も文化も成長していきます。

勝つのと幸せとは違いますが、負ける人が、不平等を愚痴ってもしょうがないのでしょう。
そもそも個人がある時点で、その個性と言うものが存在し、一緒ではないということです。

人間同士なのですから。

ただ、環境や境遇の良い人は、
そうした人達に手を差し伸べ、
助けてあげられる優しさを持てると良いですね。

常識と非常識

このブログは、真の生き方や人生について、
深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、
幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、
『 真の生き方 〜 True Life Style トゥルーライフスタイル 〜 』
を贈っています。

〜 今日の贈る言葉 〜

「勝つのか負けるのかの社会に生きていると認識すべき」

TRUE

業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH



ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    このブログを始めたきっかけは、 私自身、 人生の中で山あり谷あり、 様々な経験をしてきた中で、 「同じような時、生き方を教えたい」と。 最初は、自分の息子や家族に。と思い、 「人生の生き方」について、アドバイスや参考として 伝える事が出来れば、と書き始めたのが、最初のきっかけです。    今もその想いは変わらず、 教えたい。助けたい。生かしたい。 世の為、人の為に役に立てる事ができれば。 そう想って、思いを巡らし、調べ、伝え、自分自身も勉強し、 『真の生き方 〜True Life Styleトゥルーライフスタイル〜』 を書いています。    真の生き方や人生について、 深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、 幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、 『 真の生き方 〜 True Life Style 〜 』 を贈ります。