成功への道のり

成功への道のり

 

意志の強さ

何かを成し遂げるには、意志の強さが何よりも必要です。

一度決めた志。

強さがないと、挫折した時に諦め、進む事をやめてしまいます。

今、あなたの前には、1本の道が続いています。
果てしなく続く道のようです。

意志の強さが求められる時です。

 

道を進む時

1歩足を踏み出し、出発すれば、
期待と緊張と不安とが、交互にまとわりつきます。
迷っていてもあなたの人生は始まりません。
「まずやってみよう。」その第1步が大切です。

“ 自分に出来るのだろうか? “
そんな不安がよぎります。

 

平坦な道

落ち着いて、ひたすら、着実に進んで行きます。
道は長く、自分が進んでいる事を実感すると、
歩いている心地良さや、疲れも出てきます。
自分を見つめ、自分を信じなければならない時が出てきます。

“ 大丈夫!やってみせる!頑張ろう! “
自分を信じることが大切です。

 

別れ道

やがて、道は1本だけではなく、別れ道に遭遇します。
選択を迫られ、選ばなくてはなりません。
あなた自身で、決断すべき時もあり、
独断で進め、断行すべき時もあります。

“ 寂しい。どちらへ進むべきか?自分が決めなくてはならないのか? “
全てはあなた次第です。

 

道の障害

舗装されていた道は、
やがて砂利道になり、つまづくようになり、
大きな石も出てくるとスムーズには歩けません。
時に、泥沼に足を取られ、大きな岩を登り、
川を渡り、障害や困難にも遭遇します。
何があっても崩れない諦めない気力が必要です。

“ 苦しい。もう駄目か?進めるのか? “
孤独にも苦しさにも耐えるのです。

 

道の途中

怪我してしまう事も、傷付く事もあるでしょう。
失敗も、繰り返す事もあるでしょう。
小さな壁や大きな壁を幾度も繰り返します。
そして、何度も何度も乗り越えて行きます。

“ 身体もクタクタ、心も疲れ果てた。 “
自分を見失わず乗り越えるのです。

 

道を見失う

道から外れそうになり、
恐れと先の見えない不安が襲ってきます。
自分をしっかりと持っていないと、意志が揺らぎ、
様々な誘惑に負け、自分の弱さに負け、相手に負け、
障害に負け、失敗に負けてしまいます。

“ 自分は何処にいるのか?自分が進んでいる道は間違えていないか? “
迷いや誘惑を感じます。自分をしっかり持って。

 

道が無くても

これでもかと言うほど、
苦しい山場が襲いかかってきます。
キツい段差や立ちはだかる崖に歯をくいしばって、
這い上がります。
道は無くても自分で切り開いていきます。
“ これ程苦しい時は無い。もうやめようか、やめずに進むべきか⁉︎ “
限界を超える時です。

 

山を越えて

山を超え、急に視界が開けます。
ふと、周りを見渡すと道の景色が変わっています。
眼下に広がる山々や自然を見て、道のりを実感するのです。

“ 遠くまで進んで来た!
あともう少し。もう一歩前へ。

新たな山

頂上は晴れ、心地よい風が吹き、こみ上げる感情に、
いつまでもそこに居たいと思えます。

頂上で見えたのは、
遥か彼方に、また新たなもっと高い山があること。
“ 今、生きている。
人生は果てしなく挑戦出来る! “
成功を手に入れる。

苦しみを乗り越える

 

このブログは、真の生き方や人生について、
深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、
幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、
『 真の生き方 〜 True Life Style トゥルーライフスタイル 〜 』
を贈っています。

 

〜 今日の贈る言葉 〜

「あきらめなければ必ず道はある。必ず。」
- 豊田佐吉 -(日本の実業家、発明家、TOYOTAグループ創業者)

 

「進むべき真の道。」

TRUE

 


業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH



ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログを始めたきっかけは、 私自身、 人生の中で山あり谷あり、 様々な経験をしてきた中で、 「同じような時、生き方を教えたい」と。 最初は、自分の息子や家族に。と思い、 「人生の生き方」について、アドバイスや参考として 伝える事が出来れば、と書き始めたのが、最初のきっかけです。    今もその想いは変わらず、 教えたい。助けたい。生かしたい。 世の為、人の為に役に立てる事ができれば。 そう想って、思いを巡らし、調べ、伝え、自分自身も勉強し、 『真の生き方 〜True Life Styleトゥルーライフスタイル〜』 を書いています。    真の生き方や人生について、 深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、 幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、 『 真の生き方 〜 True Life Style 〜 』 を贈ります。