第2章 リーダーになる人へ伝えたい事「人を育てる」

第2章 リーダーになる人へ伝えたい事「人を育てる」

人を育てるって難しいですよね?
そして、労力と時間がかかり、大変ですよね?
そもそも人なんか育てるよりも、自分でやった方がマシ?

私も若い頃、そんな風に思う時期もありました。

育てる過程で、
「じれったいなぁ。」
「分からないのかなぁ?」
「しっかりしてくれないかなぁ!」
「なんでこんな簡単な事出来ないんだ?」
「あー自分でやれば、直ぐに終わるのに!」

人を育てる?
そんな余裕なんて無い。
それに、自分でやった方が、
早いし、良いものが仕上がる・・・etc.

「やはり、人育てるヒマがあれば、自分でやるか?」と。

いえいえ、そんな事はありません。

人を育てる事は、結果的に、
自分がやる事の数倍の効果があり、
その人とあなたと企業の成功への一番の近道になるのです。

では、人を育てる事が、
なぜ一番の近道になるのか?
「人を育てる目的」を考えてみましょう。

 

「人を育てる」目的

①その人を育て、成長させる事
当然、その人自身を教育し、成長させる事にあります。

②自分が、更に高みを目指して仕事をする為。
その人に仕事を教えた事で、任せ、自分は更に上の仕事をするのです。

③消費者にとっても、企業にとっても、有益となる為
そして、人を育てる事で、あなたの周りの社会が好循環させるのです。

どういうことでしょうか?

「育てる事が自分や社会の為?」

コレだけだとピンと来ませんよね。。。

でも、答えの結論を急いではなりません。

人を育てる事も、結論を急いではなりません!

じっくりと大切に、理解して、人を育てて参りましょう。

 

「人を育てる」方法

「人を育てる」方法からです。

「真の生き方」でも、
何度か触れてきましたが、
正直言って、簡単ではなく、大変です。

これまでは、
「真の生き方」では、
自分がいかに生きていくか、
成長するかに、焦点をあててきましたが、
育つのが、自分ではないから余計に大変です。
人に教えるという行動を起こさなくてはならないからです。

あなたが人に教えられた事で、
嬉しかった事、成長した時はどんな時でしたか?
幼い頃、
初めて自転車に乗れた時、
ご飯を残さず食べれた時、
学校で良い成績を取れた時、
運動会で1等賞を取れた時、
人前で大きな声で発表できた時。

あなたは一生懸命成長した瞬間です。
人に教えててもらって成長した時は嬉しいものです。

今度は、あなたが人を育てる時、大切な事。
人は”心”を持っていると言う基本から外れない事です。

 

「人を育てる」方法

①愛情持つ
厳しいだけでは育ちません。優しいだけでも育ちません。
その人に対して本当に伸ばしてやろうという、愛情をもって教えることが大切です。

②理解させる
その人に、成長することの目的と、目標と、やり方を伝えます。
伝えるだけでは育ちません。理解させ、やって見せ、やらせて見せます。
一度でできる人はいないと思ってください。何度も何度も繰り返すのです。

③認め褒めて伸ばす
認められなくて人は育ちません。
その人の良さを引き出し、
その良さを認め、褒めて、伸ばすのです。

④モチベーションとやる気UP
明確な目標まで見えるようになり、
人は、モチベーションが上がると、
自発的にやる気になり、行動を起こすようになります。

⑤責任持たせ、やりがいを持たせる
役を与えましょう。
責任をもたせましょう。
人は任せられるとやりがいを持つようになります。

人を育てるには①〜⑤をじっくりと時間をかけ、この繰り返しです。

では次に、
人を育てたことで、どんな効果が生まれるのか?

 

「人を育てる」効果

①成長が見られる
その人から、自信が見られ、やる気が見られ、笑顔が見られます。
いよいよ、その人はできなかった事が出来るようになり成長します。

②自分にも余裕が生まれ、高いレベルに移行出来る
その人が仕事を出来るようになった事で、
任せられ、あなた自身は、余裕が生まれ、
更に、上の高みを目指した仕事が出来るのです。

逆に、その人を育てなければ、
いつまでたっても自分で忙しく、
やらなければならないと言う事です。

③良い人間関係、良いものが生まれる
人が育つと言う事は、
その人も喜び、自信が生まれ、
あなたとの信頼関係や、仕事間の人間関係も良好となり、
好循環がから良い生産や良い実績、良い成果へと繋がります。
人を大切にする

「具体的計画」=「5W1H計画実行展開表」で具体的に計画実行2

 

いかがでしょう?
自分でやっていて、生き地獄に自らはまっていくよりも、
人を育て、自らも高みを目指し、社会や世に貢献することができるのです。

 

このブログは、真の生き方や人生について、
深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、
幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、
『 真の生き方 〜 True Life Style トゥルーライフスタイル 〜 』
を贈っています。

もし、
『真の生き方』が参考になり、役立つ事が出来れば、
「この人には。」と思うあなたの本当に大切な人へ
幸せへの生き方をシェアで、贈ってあげてください。

  

〜 今日の贈る言葉 〜

『どんな人間でも一つや二つは素晴らしい能力を持っているのである。
その素晴らしいところを大切に育てていけば、一人前の人間になる。
これこそが人を大切にするうえで最も大事なことだ。』
吉田松陰(明治維新に尽力した精神的指導者)

『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』
『話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず』
『やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず』
山本五十六(大日本帝国海軍大将・連合艦隊司令長官)

 

「愛情をもって育てる。それがリーダーになる条件だ。」
TRUE

 



業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH



ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログを始めたきっかけは、 私自身、 人生の中で山あり谷あり、 様々な経験をしてきた中で、 「同じような時、生き方を教えたい」と。 最初は、自分の息子や家族に。と思い、 「人生の生き方」について、アドバイスや参考として 伝える事が出来れば、と書き始めたのが、最初のきっかけです。    今もその想いは変わらず、 教えたい。助けたい。生かしたい。 世の為、人の為に役に立てる事ができれば。 そう想って、思いを巡らし、調べ、伝え、自分自身も勉強し、 『真の生き方 〜True Life Styleトゥルーライフスタイル〜』 を書いています。    真の生き方や人生について、 深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、 幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、 『 真の生き方 〜 True Life Style 〜 』 を贈ります。