〜 真実の愛 〜 優しい心を持つ人になる

当サイト「真の生き方」も
180回を更新致しました!
もうすぐ第200回を迎えます!!

おかげさまで、なんと!
Yahooでランキング第1位、
Googleでランキング第1位となりました!!

沢山の人に、応援していただきましたおかげです。

毎日、読み続けてくれた皆様、

「本当にありがとうございます!」

〜 真実の愛 〜優しい心を持つ人になる

目次:

・優しい人

・「優しい」のキーワード

・優しいばかりが能ではいけない

・”人に優しく、自分に厳しく”

・優しさは誰のものか?

・どうすれば!人に優しくなれるのか?

・あなたが優しくなれる時=愛を与える時

優しい人

優しい人とは、どんな人を言うのでしょうか?

時折、本当に優しい人に出会いますよね。

そんな優しい人に会うと。

心が温かくなります。

「なぜ、この人は優しいのだろう?」

「どうして、こんなに優しくなれるのだろう?」

「こんな風に、人に優しくなれる人になりたい。」

そんなことを考えたりしませんか?

優しい人は、
人に好かれ、頼られ、強く、そして愛されます。

世界が優しい人ばかりであれば・・・。
本当に平和で、穏やかで、温かく、幸せな世界だろう・・・。とイメージしたり・・・。

本日のテーマ、「優しい」とは、結論を先に言うと、心に「愛」のある人のことです!

これから、その「優しい」という事を一緒に紐解いていきましょう。

「優しい」のキーワード

優しいをイメージすると、

・愛
・気持ち
・温かい
・穏やか
・おおらか
・大きい
・ゆとり
・柔らかい
・許す
・思いやり
・親切
・人
・心
・優れている

などが挙がります。

優しいと書いて、優れた人と読みますよね。つまり、
「人として、温かい思いやりの気持ちがあり、人の気持ちや痛みをいたわり、大きく穏やかで心の優れた人」
の事です。

優しいばかりが能ではいけない

優しいけれど・・・。

時々、こうした人にも、出会います。

すごく優しいけれど・・・。

優しいのはいいけれど・・・。

何に対しても柔らかすぎて・・・。

いつでもどこでも穏やかすぎて・・・。

誰に対しても自分に対しても優しくあろうとする・・・。

はっきり言って、ダメ人間です。

言い換えれば、すべてズボラでルーズで締まりがない。ということです。

人間は、バランスが大切です。

勘違いしてはなりません。

優しいことがすべてではダメだという事です。

「優しい」は、
「厳しい」と反対の意味です。

優しいだけでは、社会を生きていけません。競争もできません。勝ち抜き人のためになる事もできません。

厳しいだけでは、人から嫌われます。仲間もできません。愛されません。

もちろん、優しさのある人になりたいのですが・・・。

”人に優しく、自分に厳しく”

でも、人間には、
優しい人ばかりではありません。
厳しい人もこの世の中に沢山います。

”人に優しく、自分に厳しく”

昔、私が、母から教わった信念の言葉です。

何度も何度も耳にタコが出来るくらい聞かされました。

言葉にすると、簡単なようで、実は本当に難しい・・・。

人間は、自分に弱いので、

”自分に優しく、人に厳しく”(!?)

してしまいがちなのです。

誰でも自分の事をまず先に考えがちです。

自分が可愛いから、まず自分を大切にしようとする。

自分にゆるく、あまく、優しくしてしまいがちなのです。

こうした自分にだけ優しい人は、必ず人から嫌われます。

優しさは誰のものか?

つまり、
優しさとは、
自分に向けるものではなく、
人のために与えるものなのです。

子供を助ける。

老人に席をゆずる。

苦しんでいる人を助ける。

傷ついている人をいたわる。

困っている人のために尽力する。

これも、全て、人のために与えています。
これができれば、本当に素晴らしい人格者になれます。

どうすれば!人に優しくなれるのか?

優しくなれるには、3つ方法があります。

「人に優しくなる方法」

1・人の気持ちを察し、人の気持ちを大切にする

つまり、人の気持ちが読み取れないようでは、ダメだという事です。
悩んでいる人、苦しんでいる人、傷ついている人の心を察し、人の心を大切に思う事ができる様になれば、自然と人に優しくなれます。

2・心を大きく強く明るくする

つまり、自分の心が小さかったり、弱かったり、暗かったりしてはダメだという事です。
自分の事ばかり考え、忙しかったり、イライラ窮屈であったり、マイナスの事を考えていては人に優しくなれません。
いつも心に太陽を持てれば、人に優しい温かさを与えられます。

3・自分に厳しくする

つまり、まず自分を優先するのではなく、人のために優しさを与えるのです。
時にグッと我慢し、時に自分に試練を与え、時に人のために与えることができれば、自分のためでなく、人のために愛を与えられるのです。
”人に優しく、自分に厳しく”

あなたが優しくなれる時=愛を与える時

優しくなれる人は、
人を思う気持ちから生まれるのでしょう。


人を愛おしく、愛する事ができれば、優しさも生まれます。


自分の心を大きく強く明るく、そして、自分に厳しさがあれば、
いつしかあなたは優しくなれます。

優しくなれたあなたは、
その優しさを人に与えなければ、意味ありません。


人は人がいるから支え合い、助け合い、愛し合います。


優しさとは、つまり、人に愛を与えることなのですから・・・。


このブログは、真の生き方や人生について、
深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、
幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、
『 
真の生き方 〜 True Life Style 〜 』
を贈っています。
もし、
『真の生き方』が参考になり、役立つ事が出来れば、
「この人には。」と思うあなたの本当に大切な人へ
幸せへの生き方をシェアで、贈ってあげてください。

〜 今日の贈る言葉 〜

『 大切なのは どれだけ与えるか、ではなく
与える時に どれだけ愛を込めるか、です
(マザーテレサ:カトリック教会の修道女)

「人に優しく、自分に厳しく。」
 TRUE

人生で大切なたったひとつのこと

ジョージ ソーンダーズ 海竜社 2016-01-25
売り上げランキング : 4483

by ヨメレバ



TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH



ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。



はじめての婚活、結婚相談所ならゼクシィ縁結びカウンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログを始めたきっかけは、 私自身、 人生の中で山あり谷あり、 様々な経験をしてきた中で、 「同じような時、生き方を教えたい」と。 最初は、自分の息子や家族に。と思い、 「人生の生き方」について、アドバイスや参考として 伝える事が出来れば、と書き始めたのが、最初のきっかけです。    今もその想いは変わらず、 教えたい。助けたい。生かしたい。 世の為、人の為に役に立てる事ができれば。 そう想って、思いを巡らし、調べ、伝え、自分自身も勉強し、 『真の生き方 〜True Life Styleトゥルーライフスタイル〜』 を書いています。    真の生き方や人生について、 深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、 幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、 『 真の生き方 〜 True Life Style 〜 』 を贈ります。