チャンス(絶好の機会):第4章「チャンスを活かす」

チャンス(絶好の機会):第4章「チャンスを活かす」

いつも多くの方々にお読みいただきありがとうございます。

おかげさまで、少しずつ人気上昇し、
Yahooでランキング2位、Googleでランキング1位となりました!

さて、今日も続けます。

せっかくチャンスを掴んだら、
次は、そのチャンスを活かす事が必要です。

実は、せっかくチャンスを掴んでいるのに、
そのチャンスを活かせず、失敗してしまう人がいます。

チャンスを掴んだ事に、満足してしまうのか?
チャンスを掴んでから、努力をしなくなってしまうのか?
チャンスを掴んでから、何をして良いのか分からないのか?

これほど、もったいない事はないと思いませんか?

第3章のように、
せっかく、Aくんは
新規事業の責任者に、勇気を持って挑戦し、手を挙げ、めでたく認められ任されました。
ところが、そこから、
満足してしまったのか?努力をしないのか?何して良いかわからないのか?困っているようです。

さあ、あなたは今、チャンスを掴んでいます。

あなたなら、どのようにチャンスを活かしていきますか?

チャンスを活かす5つの方法

「チャンスを活かす5つの方法」

①流れに乗り、速く行動し、勢いに乗る

②常に新たなアイデアで次々に改革する

③表現し、自己アピールし、知って貰う

④人を魅了し、心惹きつけ、集客パワー

⑤人を感動させ、愛され、受入れパワー

それでは、これから、

具体的にチャンスを活かす5つの方法をお伝えします。

 

①流れに乗り、速く行動し、勢いに乗る

チャンスをつかんだら、乗り遅れないことです。
世の流れを把握し、
先を見つめて予測し、
一歩も二歩も早く行動し、
この勢いをどんどん付け、
時代の流れに乗るのです。
人生は、行動する者勝ち(思考3タイプ)

②常に新たなアイデアで次々に改革する

チャンスを掴んだ事で満足してはいけません。
そのチャンスに集中し、没頭し、プラスに考えます。
現状維持しようとせず、常に新たなアイデアを形にしていくのです。
「具体的計画」=「5W1H計画実行展開表」で具体的に計画実行2018

③表現し、自己アピールし、知って貰う

あなたのこのチャンスをあなたの中だけで終われせては意味ありません。
人に知ってもらうのです。
あなたが考えている事。
あなたがやろうとする事。
その目的やその意味するもの。
人から人へ、広報し、アピールし、世界へ発信するのです。
インターネットの世界があなたを成功に導く

④人を魅了し、心惹きつけ、集客パワー

表現した事で、あなたの掴んだチャンスで人を魅了し、心惹きつけるのです。
魅力に磨きをかけ、輝かせるのです。
成功には必ず人がいます。あなたのパワーで人を集めなくては始まりません。
明るい人は99.9%幸せになれる!!明るくなる方法

⑤人を感動させ、愛され、受入れパワー

集まった人の心を震わせるのです。
心に訴え、五感に訴えるのです。
人は感動すると愛を生みます。全てを受け入れる大きさが必要です。
愛される人は共通点があった!人に好かれる方法 秘訣ベスト30

新規事業でも新たな取り組みでも良いですが、
この5つの方法を念頭にして、取り入れていく事が出来ると、
必ずあなたのチャンスは光を放ち、輝きを増し、活かされていく事でしょう。

最後にもう一度言います。

チャンスは掴んだだけではなりません。

あなた自身がそのチャンスを「活かし」ていくのです。

 

 

このブログは、真の生き方や人生について、
深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、
幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、
『 真の生き方 〜 True Life Style トゥルーライフスタイル 〜 』
を贈っています。

もし、
『真の生き方』が参考になり、役立つ事が出来れば、
「この人には。」と思うあなたの本当に大切な人へ
幸せへの生き方をシェアで、贈ってあげてください。

  

〜 今日の贈る言葉 〜

『チャンスなんて
そうたびたびめぐってくるものではないわ
だから
いざめぐってきたら
とにかく自分のものにすることよ』

ー オードリー・ヘプバーン「イギリス人で、アメリカ合衆国の女優「最も偉大な女優50選」

 

 

「勢いと革新でチャンスを活かせ!」
TRUE

 

 



業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISH



ひとりではできなかった?[ライザップ]他のジムとはここが違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログを始めたきっかけは、 私自身、 人生の中で山あり谷あり、 様々な経験をしてきた中で、 「同じような時、生き方を教えたい」と。 最初は、自分の息子や家族に。と思い、 「人生の生き方」について、アドバイスや参考として 伝える事が出来れば、と書き始めたのが、最初のきっかけです。    今もその想いは変わらず、 教えたい。助けたい。生かしたい。 世の為、人の為に役に立てる事ができれば。 そう想って、思いを巡らし、調べ、伝え、自分自身も勉強し、 『真の生き方 〜True Life Styleトゥルーライフスタイル〜』 を書いています。    真の生き方や人生について、 深く考え、追求し、読んでくれる多くの人に、 幸せに生きる参考として貰える事を日々願って、 『 真の生き方 〜 True Life Style 〜 』 を贈ります。